医学部学生の生活を知ろう

MENU

医学部学生の生活を知ろう

医学部に入学できると、学生たちはどんなキャンパスライフを送っているのでしょうか。
不況の影響によって安定性の高い医師の仕事を求める方が増えてきており、医学部受験は狭き門となっています。

 

独学での勉強だけでは足りず、医学部受験を専門で扱っている予備校に通って勉強する学生も少なくありません。
医学部は入学してから6年間も学生生活があるので、一見時間的余裕があるように感じられます。

 

医学部に入ることだけを目的にしてしまうと、いざ入学してからそのギャップにとまどうことになってしまいますので、
自分が医学部学生の生活に向いているのかどうかを調べることも大切だと思います。

 

まず医学部といっても一般常識や一般教養も身に付ける必要がありますので、
最初の1年間は他の学部の学生と同様に一般教養課程をメインで学びます。

 

1年生の時から白衣を着させてもらって病院を回って患者さんと話をする実習が設けられることもあります。
そして2年生になると生理学や薬理学といった医師になるために必要名基礎的な事項をメインで学びます。

 

2年生から3年生になる頃に医学部のメインである解剖の授業が初めて行われます。
実際に人間の体の中を目の前で見ることができますので、良い勉強になります。

 

3年生から4年生にかけて診療科ごとに詳しい勉強をしていき、実際に患者さんの病気を診断できるような知識を身に着けていくのです。
そして5年生になると実習に入っていきます。大学病院などで現役医師の後ろについてカルテを書いたり、実技も行います。