「葉酸」は身体に欠かせない大事なビタミン

「葉酸」は、ビタミンB群の一種で、私たち人間の身体の細胞が作られる際に欠かせない大事な栄養素であるため、不足すると様々な体調不良や障害があらわれます。

「葉酸」が不足することによって起きる主な症状・障害には次のようなものがあります。

胃腸や口の中の粘膜の病気

「葉酸」は、身体を作る材料になる重要な栄養素であるタンパク質の合成にも深く関わっているため、「葉酸」が不足すると、新しい細胞が作られるときに悪影響が出てくることになります。

細胞の入れ替わりが激しい胃や腸、口、舌などの粘膜では特に影響が大きくなるため、胃や腸に潰瘍ができたり、口の中に口内炎ができやすくなります。

悪性貧血

空気中から肺に取り入れた酸素を身体中の隅々にまで送り届ける役目を担っているのが血液中の「赤血球」です。

「赤血球」の寿命は4ヶ月程度で、毎日、新しい赤血球が40~50ml程度作られ、寿命を迎えた古い赤血球と入れ替わるということを繰り返しています。

一般に「貧血」と言うと、鉄分不足によって起きるものを指しますが、必ずしも原因はそれだけではありません。

体内の「葉酸」と「ビタミンB12」が不足すると「悪性貧血」が引き起こされる原因になります。

この「悪性貧血」は、赤血球が通常よりも巨大化することによって、本来、赤血球が担っている「酸素を運ぶ」という重要な能力がほとんど失われてしまいます。

そのため、全身に十分な酸素が送り届けられなくなって体内が酸欠状態になり、立ちくらみや息切れなどの症状があらわれるのです。

胎児の発育障害

「葉酸」は、細胞分裂や身体の発育に大きく関わっており、細胞の遺伝子情報であるDNAを構成する「核酸」を合成するときに欠かせない存在です。

DNAの遺伝子情報を元にして細胞が次々と分裂・増殖・再生が行なわれるので、DNAの合成が十分ではない場合には、当然のことながら正常な細胞が再生されなくなってしまいます。

お腹の中の胎児は細胞が著しく活発に細胞が分裂・増殖を続けているので、「葉酸」が不足していると十分に発育しなかったり、脳神経に異常をもたらす「神経管閉鎖障害」が発症するリスクが大きくなってしまいます。

通常、女性が妊娠に気づくのは2~3ヶ月目あたりですが、その間に「葉酸」が不足していた場合には、胎児に悪影響が出てしまう可能性があるわけです。

そのため、今はまだ妊娠が判明していなかったとしても、妊娠の可能性がある人、妊娠を希望している人は、妊娠が明らかになる前から「葉酸」を積極的に摂取することが大事です。

日頃から、食事や葉酸サプリメントなどでしっかり補給するよう心がけましょう。

先天性異常リスクを下げる為の葉酸の必要時期

葉酸が、赤ちゃんにとってとても大事な成分であると言うことは、よく聞かれる話ですが、なぜ良いのかについては、しっかりと把握している人は意外にも少ないようです。大きな目的の一つに挙げられるのが、先天性異常リスクの減少があり、葉酸には、正常な細胞分裂を促進させる働きがあるビタミンですから、野菜や果物を中心とした食生活を送ることで、十分摂取が可能です。

しかし、妊娠中はどうしてもつわり等によって食事が偏ってしまいがちなのが難点であり、効率的に摂り入れるには、サプリがお勧めと言えます。ところで、先天性異常とは、生まれつき持った症状であり、葉酸を不足することで、中枢神経系の形成が不十分となることで、伝達が上手くいかず、各器官における細胞分裂を思うように促進させることが出来ません。

神経に異常が出れば、運動能力にも影響しますし、脳の形成不足となれば、記憶力等の障害が出たり、脳自体が存在しない無脳症を引き起こすことにもなりかねません。無脳症の場合は、体内では生存することが出来ますが、出産後は、生き延びることが出来ず、死産か、生まれても1週間程度で亡くなってしまうと言ったリスクを背負うことになります。

その為に、産婦人科でも葉酸摂取を勧めるわけですが、特に胎児の成長が著しい妊娠1か月~3か月までの間が最も大事な摂取時期です。しかし、妊娠に気づくのは、大体3か月程度からであり、早くても2か月頃ですから、1か月前からと言うのは、無理があります。つまり、妊娠が発覚した頃から飲み始めるのはとても遅いので、出来るだけ、妊娠前から飲むように、日ごろから心がけておいた方が良いと言うことでしょう。

勿論、葉酸は飲んですぐに効果が出るわけではないので、妊娠を望んでいる人や妊活を始めている人は、その時期こそが、中枢神経系異常を防ぐ方法なので、これを読んでいる妊活中の人は、今日から是非、葉酸サプリを飲み始めてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ